医者

注意点

事故をしたときの傷跡はレーザー治療で解決することができます。安心安全な方法で施術してもらうことで肌負担もありません。

医療技術の進歩

医者

小さな切り傷などであれば私たちの体というのは自分の治癒力で傷跡というのは完全に消えてしまうものなのですが、大きな事故などで深い傷を負ってしまうと、どうしてもきれいに治らずに傷跡になってしまいます。また、精神的につらくなってしまったときにリストカットをしてしまう人も居ますが、傷跡になって残ってしまうと袖のない服を着て外に出れなくなってしまいます。そういった傷跡を消すレーザー治療というのが今は存在し、それによって悩まされていた傷跡がきれいに消えたという人がたくさんいます。しかしながらレーザー治療もとても深い傷跡や、盛り上がって残った傷跡に歯あまり効果がないのが現状です。医療技術は日々進歩しているので将来レーザー治療に代わる新しい治療方法が必ず確立されます。

残る原因とは

古い傷が後になってそのまま残ってしまっていて悩んでいる人も多いと思います。こういった古い傷跡を消すにはレーザー治療が効果的です。レーザー治療というと、脱毛などのイメージが強いですが、実はこういった古い傷の跡にも効果的なのです。傷が後になって残るというのは、一つは小さいときの傷が治らずにずっと残っている。もう一つは年を重ねていって傷が元通りに戻らなくなって後になって残ってしまった。大きく分けるとこの二つです。年を取って傷が完全に治らなかったというのは明らかに皮膚の老化が原因になっています。一番上の皮膚は約4週間で新しい皮膚に生まれ変わるのですが、年を取るとこのバランスが崩れてしまい、肌の再生サイクルが狂ってしまうため、傷が元通りにならなくなってしまうのです。

治療の特徴と改善方法

女性

傷跡を消すためにはレーザー治療を受けるのが最も効果的です。レーザーにもいろいろな種類があって、医師は一人一人の症例を診て一番最適なものを選ぶようにしています。肌にとって睡眠はとても大切なので、たっぷりと睡眠時間はとるようにしましょう。

読んでみよう

どこの病院がいいか

医者

傷跡が残っていると、場所によっては着たい服も着られなくなってしまいます。そのためレーザー治療にて目立たなくしている人はたくさんいます。カウンセリングもあるので安心して受けられます。

読んでみよう

綺麗に治せます

女性

傷跡を治すなら、レーザー治療という選択がありますが費用には違いがでる可能性が高いので、まずはしっかりと相談することから始めるとよいです。様々なところでレーザー治療を受けることができますが、実績や様々な治療方法などから選べるところを見つけることができれば問題ありません。

読んでみよう